温海荘の外観

温海荘の歴史

藩主の入湯は慶安二年酒井忠当の入湯が最初でその後歴代の藩主が入湯をたのしんでいる。
中でも忠真は在在足掛け四十九年間に六回の入湯を試みている。
「享保三年殿様被為遊御入湯御用留帳」によれば、
忠真は享保三年九月二十七日午後六時湯村に到着し十四日間の湯治を楽しみ、10月十一日帰城した。
御本陣は五郎八、御台所は又右衛門であった。
なお九月二十八日には奥方も湯村に到着、御宿左平治に逗留した。
女中方は作兵衛、御台所は長兵衛であった。
御宿五郎八は大正時代に近代的な「温海ホテル」に変わり、さらに平成に入り純和風の
「あつみホテル 温海荘」として歴史と伝統のある宿として多くのお客様にご利用されてます。
(温海町史 上巻 藩主の入湯より)

おすすめプラン

【直予約限定価格】癒しの源泉かけ流し温泉満喫プラン001

8畳・10畳・12畳の三タイプでご利用人数等により振り分けられます。 源泉かけ流しの温泉をおたのしみください。 お部屋にはトイレ・洗面台・冷蔵庫が付いております。 朝食は他のお客様とご一緒で一階広間になります。 お支払は現金のみとなります ☆☆☆...

【一日二部屋限定】ワンちゃんと一緒プラン 

ワンちゃんも大切な家族です。一緒に家族旅行はいかがですか 夕食はお部屋か個室になります。 朝食は他のお客様とご一緒で一階広間になります。ワンちゃんは同伴できません。 お部屋にはバストイレ・洗面台・冷蔵庫が付いております。 お支払は現金のみとな...